風俗で乳首舐めの許可を得る

風俗で乳首舐めの許可を得る

投稿日:2015年4月27日 カテゴリ:新鮮楽しい風俗体験談

背後に回り込んで派遣風俗嬢の胸を両手で包みこむ様に触れる。リズミカルに胸を上に持ち上げるのは私の得意技の一つでもある。これをやられると大抵の風俗嬢は喘ぎ声を我慢しきれず出してしまうのだ。この嬢のバストは90のFとの事で、こちらとしてもやりがいのある大きさだ。小さいのが駄目とは言わないが、やはりバストは大きいに越したことは無い。耳たぶをチロチロと舐めつつ胸を揉みこんで行く。触るのに飽きたので今度は乳首舐めをする事にした。この時、嬢に舐めていいかどうかの確認をする様にしている。これ位の事を嫌がる嬢はそういないが、自称ジェントルマンの私はこの様な行為を欠かさず行う様にしている。舌の先で乳首を一舐めすると「あっ」という声がした。感じやすい嬢なのだろうか、手をパンティの中に突っ込んでみたらビショビショに濡れていた。全て脱がして大股開きの状態にさせて、クリトリスを直に触ると一層女の子の声が大きくなっていった。